• HOME
  • 高田眼科について
  • 診療案内
  • 目の病気
  • Q&A
  • 交通アクセス
HOME > 眼瞼痙攣

眼瞼痙攣

「目が開けているのがつらい」「まぶしい」「目が乾く、ショボショボする」

眼瞼痙攣

このような症状は眼瞼痙攣の可能性があります。
当院では、眼瞼痙攣に効果的な「ボトックス治療」で症状を改善します。

眼瞼痙攣の症状と原因

主な症状
  • 目を開けているのがつらい
  • まぶしい
  • 目が乾く
  • 目がショボショボする
  • まぶたや目の周りがピクピクする
原因
まぶたを開閉する目の周りにある眼輪筋という筋肉が、自分の意思とは関係なく収縮痙攣して目が開けにくくなったり、まばたきがうまくできなくなる病気です。

当医院の「眼瞼痙攣」治療について

眼瞼痙攣に効果的な「ボトックス治療」
目の周りの筋肉に、筋肉の働きを抑制する成分を極少量注射することで、筋肉を弛緩させて痙攣を抑制します。安全性も高く副作用の少ない治療方法です。
効果は数ヶ月間持続
治療後3~4ヶ月効果が持続します。
健康保険で治療
美容外科ではありません。健康保険が適用になります。
費用 片目 約2万3千円(3割負担)

眼瞼痙攣の手術について

眼瞼痙攣について

まぶたを開閉する目の周りにある眼輪筋という筋肉が、自分の意思とは関係なく収縮・痙攣して目が開けにくくなったり、まばたきがうまくできなくなる病気です。
初期は、まぶしさや目の乾きを感じたり、目の周りがピクピクするなどドライアイと似た症状が表れます。さらに、まぶたが重くなり目が開けにくくなります。
病状が進行すると、まぶたを固く閉じ、まぶたの周囲や眉間にシワを寄せる特有な表情になり、目を開けていられない状態(開瞼不能)になることもあります。

ボトックス治療について
眼瞼痙攣のボトックス治療

数カ所、極少量注射をします

ボツリヌス菌は、神経から筋肉への伝達を抑える働きがあり、筋肉を弛緩させる作用があります。ボトックス治療は、このボツリヌス菌から伝達を抑えるボツリヌス毒素を抽出し、目の周りの筋肉に数カ所、極少量注射することで、筋肉を弛緩させて痙攣を抑制します。安全性も高く副作用の少ない治療方法です。美容外科では、シワを取る治療などに使用されています。

3〜4ヶ月効果が持続

治療後3〜4ヶ月効果が持続します。「目が開けづらくなってきた」「まぶしくなってきた」などの症状が再び出てきましたら、お早めにご相談ください。

当院までのアクセスはこちら 院長へ直接相談メール


大きな地図で見る

〒435-0052
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオン浜松市野ショッピングセンター1F

【受付時間】
9:00~12:30 14:30~18:30
※日・祝は17:00まで
【休診日】水曜日・施設休館日 

お問い合わせ 詳しくはこちら