• HOME
  • 高田眼科について
  • 診療案内
  • 目の病気
  • Q&A
  • 交通アクセス

スタッフブログ

2015年9月14日 月曜日

新しい網膜三次元解析装置!!@高田眼科

高田眼科開院直後にOCTを導入し、7年経ちました。
導入後、度々、バージョンアップを行っておりましたが、
この度、新しい原理でのOCTが発売されたので、導入することといたしました。
TOPCON社製DRI OCT Triton、つまり、Swept Source-OCTという最新の網膜三次元解析装置となります。

これは、従来のOCTと異なる波長の光を使います。
それは、波長1μm帯光源は網膜組織の深いところまで浸透するので、眼底深部の観察や硝子体などに混濁がある場合での観察を容易になります。つまり、眼底出血や白内障などがあり、OCT撮影が出来なかったケースでも、撮影が可能になるわけです。

100,000 A-Scan/ 秒の高速な撮影スピード、つまり、一秒間に10万回測定することにより、眼球運動の影響を受けにくく、しかも、高精細なOCT画像を撮影することができます。
また、波長も以前の半分以下と短いので、以前のOCTよりも2倍の以上の解像度の画像となります。

また、撮影光は完全に見えませんので、患者さんが撮影光を目で追うことにで、撮影ミスが減らすことができます。

まとめると、新しいOCTでは、
①非常に短時間で取れます。
②非常に精細な画像が取れます。
③網膜の中心(黄斑)の血管像を撮影することが出来ます。
④いままで、取ることが難しかった白内障のあるケースでも、より綺麗に取れます。
⑤前眼部OCTというモードも採用しましたので、一部の緑内障の診断、緑内障手術後の管理に役に立ちます。

全国でも導入されていない最新の医療機器でありますので、それを活用することで
より高度な眼科診療が実践できるように邁進して行きたいと思います。

投稿者 高田眼科

当院までのアクセスはこちら 院長へ直接相談メール


大きな地図で見る

〒435-0052
浜松市東区天王町字諏訪1981-3
イオン浜松市野ショッピングセンター1F

【受付時間】
9:00~12:30 14:30~18:30
※日・祝は17:00まで
【休診日】水曜日・施設休館日 

お問い合わせ 詳しくはこちら