2020.09.07更新

浜松市でも残念ながら、先月(2020年8月)、コロナウィルス(covid-19)の感染クラスターが出てしまいました。

その後、しばらく、市中感染の報告が続いたものの、最近では、新たな感染者もなくなっており、ひとまず、安心しております。

しかなしながら、これから冬に向かって、元々が冬の感染症であるコロナウィルスが猛威を奮ってくる可能性もあります。

高田眼科では、受診される皆様が安心して、受診していただける様な対策を行っております。

ついに、待ち時間対策システム Airwait (リクルート社製)が稼働を始めました。

エアーウィイトの使い方

このシステムは、インターネットを使って、受診された皆様が順番が見える化できるものです。

受付をしていただくと、受付番号とQRコードが付いたレシートをお渡しいたします。

そのQRコードをお持ちのスマートフォンで読み取っていただくと、ご自身の予備検査までの順番が分かるページが開きます。

もし、高田眼科の待合室が混雑している場合には、ご自由にご自身の順番が来るまで、車で待機されたり、イオンモール浜松市野内でお時間をお過ごしいただけます。

このページで、ご自身のメールアドレスをご登録いただければ、そのメールアドレスに順番が来たことをお知らせすることも可能となっております。

(尚、メールアドレスは保存しておりませんので、高田眼科から個人情報が漏洩することはありません。)

巨大ショッピングモールに隣接している高田眼科だからこそ可能となるコロナウィルス対策だと思います。

実は、眼科診療において、お待たせしてしまうのが、受付→予備検査の待ち時間以外に、予備検査→診察の待ち時間があります。

今回導入したAirwaitが非常に使いやすいシステムだったため、この診察までの待ち時間にも採用することにしました。

そうすることで、本当に高田眼科において、相当に密になることが減りますので、安心して受診していただければ幸いです。

2020.07.26更新

高田眼科では、今、新しい取り組みを行っていきたいと思います。

当院は、イオンモール浜松市野のテナント内にある関係上、患者様の来院が多く、待ち時間が長くなりがちで、大変申し訳なく思っております。

実は、google map で見ていただくと分かるのですが、高田眼科での平均滞在時間は、5〜45分となっております。(2020.7.26 現在)

当院の調べでも、平均1時間です。


この数字は、実は、他の眼科診療所よりも、かなり短い時間だったりします。

しかも、高田眼科は、多くの手術、処置をこなしつつ、また、地域の休日当番を引き受けていることもあり、土日、祝日などは、非常に多くの患者様が来院されます。

来院者数に対して、相当に効率化し、出来るだけお待たせない方針で頑張ったことで、開業当初よりも相当に短くなったと思います。


しかしながら、狭い診療所ですので、体感時間は長く感じられてしまい、また、ピーク時の混雑に対して、ご不満に思われてしまうケースが多々あるのではないかと考えております。

待ち時間が長くなりがちなのは、

①受付で診察券を渡されてから、診察前の視力検査等の予備検査までの時間 

②予備検査後の診察までの時間 

③眼瞼下垂症手術などの時間のかかる説明の時間、突然の手術、処置などの待ち時間
の3つの長さが挙げられます。

そこで、まず、①の予備検査までの待ち時間への対策として、待ち時間の見える化から開始したいと思います。

8月中旬から、リクルート社の「air wait」というシステムを試験導入する予定です。

airwaitの使い方画像


受付の際に、バーコードの付いた整理券を発行させていただき、スマートフォンでバーコードを読み込めば、待ち時間等が何処でも把握できます。

そして、順番が来れば、ご自身で戻ってきていただくようなシステムです。

高田眼科は、イオンモール浜松市野内にありますので、待ち時間を色々とお買い物に使用できますし、新型コロナウィルス covid-19への三密対策にもなるかと思います。

このシステムが上手くいくようであれば、②の予備検査後の診察までの待ち時間対策として、さらに、診察待ち時間用のairwaitを採用してみたいと考えております。

そして、お年寄りなど、インターネットが不得意な方々には、アナログ的な呼び出し装置を採用します。

呼び出し装置


携帯サイズの小さな子機をお持ちになって頂いて、イオン館内の大部分での場所で、呼び出しが可能な装置となっております。

フードコートなどで使われている、出来上がりをお知らせする呼び出し装置の発展版だとイメージしてください。


この装置は、眼瞼下垂症手術の術前説明が重なった際や、お連れ様などにも使用して頂いて、院内の三密対策に効果が発揮できるのではないか?と考えております。

7月末までには導入する予定です。


実は、当院は、昨年末から、来院された患者様への居心地の良い医療サービスをご提供するための工夫を少しずつ始めております。


スタッフの言葉遣い、対応の丁寧さ、そして、お願いせざるを得ない代診の先生に対しての注意喚起。さらには、コンタクトレンズ処方の処方箋有効期限等の長期化をさせることでの混雑対策など・・・。

しかしながら、新型コロナウィルスの未曾有の社会の混乱により、新しい生活様式というものへの順応も求められている昨今、待ち時間短縮、院内の混雑緩和のための新しいシステム導入することを決めさせていただきました。

現在、出来るだけ早くに採用し、導入していきたいと思っております。


もうしばらくお待ちしください。


2020.04.10更新

covid^19

今、世界的に、新型コロナウィルスが蔓延しており、高田眼科としても、緊急事態だと考えております。

感染を心配する声もあるかと思いますが、その声を重く受け止めて、高田眼科では、色々な対策を講じております。

 


 

高田眼科のコロナウイルス対策 ①

・大型空気清浄機・次亜塩素酸水加湿器を、待合室・検査室・処置室の各部屋に設置し、十分な空気除菌を行います。

新型コロナウィルスは、一部エアロゾルを介して、伝染する可能性を示唆されておりますが、気温が20度以上、湿度50%以上であれば、伝染力が弱まるとのアメリカの研究チームの最新の報告があります。 そこで、大型空気清浄機・加湿器を確保し、診察室・検査室・待合室に設置し、加湿器に次亜塩素酸水を使うことで、空気中のウィルスの除去をしております。

 

 


 

高田眼科のコロナウイルス対策②

・出入口には消毒用アルコールを設置し、手指除菌をお願いしております。

新型コロナウィルスは、手指を介しての接触感染の経路を防止することが非常に大事だと言われております。消毒用アルコールでウィルスを防ぐことができます。

 


高田眼科のコロナウイルス対策③

・毎朝スタッフ全員の体温と、受診者様の体温を非接触式体温計で計測させて頂きます。

新型コロナウィルスの感染において、発熱症状のある人への対応が重要となります。スタッフ、患者様も含めて、37.5度以上の発熱している場合には、院内への立ち入りをご遠慮して頂いております。 皆様の安全を考えての苦慮の判断ですが、何卒、ご理解を賜るようよろしくお願いいたします。

 


高田眼科のコロナウイルス対策④

・スタッフ・ドクターの手洗いの励行、医療機器の消毒等に気をつけます。

新型コロナウィルスの感染において、接触感染のリスクも考えなければなりません。アルコール、次亜塩素酸水での消毒を行うことは非常に大切だと考えております。

 

 

以上、患者様の皆様が安心して、受診していただけるように最大限配慮をした体制を築くように工夫しております。どうぞ、ご安心して受診してください。

2015.09.16更新

当院では、最新の網膜三次元解析装置に続き、涙目の治療として、この度、涙道内視鏡を導入することにいたしました。
これは、直径0.7mmと非常に細い金属の棒なのですが、それでも内視鏡なのです!!今までの涙道内視鏡は、直径が約1mmでしたから、技術の進歩は凄まじいものがあります。直径で0.3mmですが、断面積では約1/2なのです。これで、今までも容易に涙道の中の状態を確認することができます。







涙は、涙腺から分泌されると、目頭にある涙点という穴から、涙道という管を通って、鼻に抜けます。
しかし、感染症、加齢性の変化、異物(結石、涙点プラグ)、腫瘍などで、詰まってしまうことがあります。
そうすると、流涙という涙目になる症状になります。ドライアイの反対の症状です。
涙目になると、悲しくないのに涙が常に溢れるようになり、瞼がカブレたりして非常に不快な状態になります。

古典的には、涙点から水を流しいれて水圧で通したり、または、ブジーという金属の棒で通したり、
加えてN-Sチューブを留置しておりましたが、痛みが伴ったり、涙道を傷つけたりして、
なかなか治療が難しいものでした。

そこで登場するのが涙道内視鏡となります。これを使うと、涙道の中の状態を確認しながら
閉塞部位を確認し、そこを開放したり、また、NSチューブを通すことが可能となります。

当院は、常に進化を続けられるように努力しております。

2015.09.14更新

高田眼科開院直後にOCTを導入し、7年経ちました。
導入後、度々、バージョンアップを行っておりましたが、
この度、新しい原理でのOCTが発売されたので、導入することといたしました。
TOPCON社製DRI OCT Triton、つまり、Swept Source-OCTという最新の網膜三次元解析装置となります。

これは、従来のOCTと異なる波長の光を使います。
それは、波長1μm帯光源は網膜組織の深いところまで浸透するので、眼底深部の観察や硝子体などに混濁がある場合での観察を容易になります。つまり、眼底出血や白内障などがあり、OCT撮影が出来なかったケースでも、撮影が可能になるわけです。

100,000 A-Scan/ 秒の高速な撮影スピード、つまり、一秒間に10万回測定することにより、眼球運動の影響を受けにくく、しかも、高精細なOCT画像を撮影することができます。
また、波長も以前の半分以下と短いので、以前のOCTよりも2倍の以上の解像度の画像となります。

また、撮影光は完全に見えませんので、患者さんが撮影光を目で追うことにで、撮影ミスが減らすことができます。

まとめると、新しいOCTでは、
①非常に短時間で取れます。
②非常に精細な画像が取れます。
③網膜の中心(黄斑)の血管像を撮影することが出来ます。
④いままで、取ることが難しかった白内障のあるケースでも、より綺麗に取れます。
⑤前眼部OCTというモードも採用しましたので、一部の緑内障の診断、緑内障手術後の管理に役に立ちます。

全国でも導入されていない最新の医療機器でありますので、それを活用することで
より高度な眼科診療が実践できるように邁進して行きたいと思います。

2015.02.21更新

この度、高田眼科では、最新の眼科用レーザ光凝固装置 PASCAL Streamlineを導入することになりました。
実は、既にデモによる試験運用を行っておりますが、近日中に本格的に導入することと致しました。(余談なのですが、TOPCON社から、購入しなくても良いので、是非、試してください・・・と言われ、使ってみたら・・・・手放せなくなりました。加えて、
普段から非常にお世話になっており、また、尊敬させていただいている海谷眼科の海谷忠良先生も採用されているのも、最後のひと押しとなりました。

眼科診療において、網膜疾患は非常に重要な位置を占めます。それは、視力に直結する場所だからです。
網膜分野における眼科診療は、日進月歩!! どんどん、新しい診断機器、治療薬、治療機器、手術器具・・・・・振り落とされないように、日々、学会、講演会、研究会、眼科医仲間などからの最新情報を入れていくことが大事になります。

当院では、OPTOS、OCT、デジタル蛍光眼底カメラなどの最新の網膜の診断機器を取り揃え、坑VEGF薬を使用した硝子体注射治療などを行っており、また、レーザーもCarl Zeiss社製のビズラス コンビネーションシステムを用い、後発白内障、緑内障のレーザー手術とともに、網膜のレーザー手術を行っておりました。

この度、高田眼科は、さらに、TOPCON社製の
PASCAL Streamline を採用しました。
すでに、レーザー装置があるのに、新しい装置を導入するに至ったのは、
PASCAL Streamlineが用いるレーザーが画期的だからです。それは既存のレーザー装置よりも、10分の1の時間で照射することができるからです。しかも、パターンレーザーと呼ばれる多数のスポット照射を行うことで、手術時間も驚くほど短くなります。簡単に言えば、短く、鋭く切れ味のあるレーザー光線をショットガンのように一度に多数のレーザー照射を行うことができます。加えて、レーザーによる痛みが軽減されます。



皮膚科、形成外科の分野でも、シミ取りや脱毛治療にレーザーを使います。
皮膚科や形成外科では、この短パルスレーザーのことをQスイッチレーザーと呼び、正常な組織に障害を加えずに、ターゲットとしてるメラニンなどの色素にのみ、大きなエネルギーを加え、シミをとるレーザーとして使用されています。(眼科では、なぜか、Qスイッチレーザーと呼ばず、商品名のまま、PASCALレーザーと呼んでます。)

レーザーの光エネルギーは、特定の色素に反応し吸収される性質があり、できるだけ必要な場所にだけ、必要な熱エネルギーを加えるのが重要なのです。

つまり、今までのレーザーがジーーっと熱を入れるので余計な組織まで障害を及ぼす可能性があったのが、PASCAL Streamlineでは、サッと、しかも、連続でババババッと必要な組織を凝固させることができるのです。


浜松市内でも、海谷眼科を含め、数台しか導入されていない自慢の最新の機器になるかと思います。

2015.01.16更新

高田眼科は、地元のサッカーチーム:ジュビロ磐田をスポンサードしております。昨日、スポンサー訪問ということで、元代表選手の松井大輔選手、GKの牲川歩見選手がご挨拶に来て頂きました。
昨シーズンは、J1に一年で復帰という目標で頑張っていたのですが、最後のところで、夢破れてしまいました。
今年こそは、J1復帰をして頂きたい。頑張れ!!


2015.01.07更新

アレルギー治療の場合、薬物治療により、簡単に治る場合がありますが、
逆に、治療を止めると直ぐに、再発するような場合があり、対応に難渋することがあります。
アレルギーは、結局は、免疫反応、言い換えれば、免疫による原因物質(抗原)への拒絶反応です。

ですので、この原因物質(抗原)の特定が治療のカギとなります。
その特定のために、臨床において、血液検査を行います。
しかしながら、採血の問題があり、当然、小児において、困難が伴うことがあり、敬遠されがちです。

これまでも、当院では、微小採血によるアレルギー検査を行っておりましたが、項目が少なく、
①スギ ②ダニ ③ネコ の三種類しか判断できませんでした。

この度、当院は、イムノキャップラピッド(ImmunoCAP Rapid)を採用しました。
http://www.phadia.com/ja/5/allergy/20/


この検査は、20分で、指先の微小採血で、メジャーな8種類の抗原のアレルギー反応の有無を調べる
ことができます。



ハウスダスト系の①ヤケヒョウダニ ②ネコ ③イヌ ④ゴキブリ
花粉系の⑤スギ ⑥カモガヤ ⑦ブタクサ ⑧ヨモギ
の8種類を調べることができる画期的な検査です。

費用も、3割負担の場合には、

◆スクラッチテスト(皮ふテスト)
費用/約1.000円/約6種類

◆Immuno CAP Rapid
費用/約2.500円/8種類

◆採血
所要時間/3~4日 費用/約4.000円/約7種類 となります。
小児の場合は、公的補助が利用できると、500円となります。

気軽に、スタッフまでお問い合わせください。

高田眼科

2014.12.18更新

早くも、今年もあとわずかとなりました。

当院の年末年始の診療についてですが、

12月29日(月):平常通り
12月30日(火):~17:00 まで
12月31日(水):休診
01月01日(木):休診
01月02日(金):休診
01月03日(土):平常どおり
01月04日(日):~17:00

となっております。
何卒、よろしくお願い致します。

2014.12.01更新

本日(12月1日)をもって、
このたび6周年を迎えることが出来ました。
このように、恙無く、日常診療を行うことができているのは、
多くの方々のおかげであると心から感謝申し上げます。

これからも最新の医療、最良のサービスを提供出来るよう日々精進、努力し、
また地域の皆様に愛され続ける眼科診療所を目指していきたいと思います。

今後とも、引き続きよろしくお願い申し上げます。

高田眼科

前へ

気になる症状・お悩みは
お気軽にお問い合わせください

  • 所在地
    浜松市東区天王町字諏訪1981-3
    イオン浜松市野ショッピングセンター1F
  • 休診日
    水曜日
    施設休館日
  • 診療時間9:00~12:30/14:30~18:30 053-466-5551
    common_spimg01.png
  • メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ